能登テキスタイルラボのホームページで紹介出来なかった情報や能登の魅力などを発信します。
毎年、5月3日~5月5日に七尾市最大のお祭り「青柏祭」が行われます。
青柏祭は、七尾市の大地主(おおとこぬし)神社の例大祭です。

今年、大地主神社では、能登立国1300年を記念し鳥居を再建し、
再建後初の青柏祭となりました。

IMG_6385_convert_20180511161411.jpg

高さ12m、重さ20t、車輪の直径が2mもある
日本一の大きさを誇る山車の「でか山」3台が
七尾市内を曳きまわされる姿が圧巻で、
特に90度直角に方向転換する「辻廻し」が一番の見せ場で
大きなでか山の回転する迫力に拍手と歓声で大盛り上がり

IMG_6572_convert_20180511155920.jpg

このでか山の曳山行事は2016年、
国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産として
登録されたこともあり、多くの住民や観光客が訪れ、
能登立国1300年の節目に盛大なお祭りとなりました。

IMG_6689_convert_20180511155830.jpg

是非、一度迫力ある「でか山」を見に青柏祭にいらして下さい

5月3日(木)に行われた、
「石動山の史跡を訪ねる集い」に参加してきました

この企画は、「散策しながら石動山の歴史と自然を体感しよう
ということで毎年開催されています。

大宮坊内にて
大宮坊説明

動字石
動字石
動字石2
動字石(どうじせき)は古くから石動山のシンボルとして崇敬されています。
この石動山は、泰澄による開山以前から信仰の山であったとされていて
その象徴が動字石であるといわれています。

旧観坊
旧観坊

伊須流岐比古神社鳥居前

神社鳥居

散策終了後には古代米おにぎりと行者鍋
おにぎりと鍋


風が強く寒い日でしたが、
石動山の歴史と自然にふれあえた素敵な一日になりました

今年は能登立国1300年です。

石動山には4種類の自然散策コースがあり、予約をすればボランティアガイドさんを紹介してもらえるそうです。
神様が宿るとされる山の神聖な森が今でも残っていて、これからの季節には新緑、秋には紅葉がきれいです。

歴史ある中能登町に是非お立ち寄りください



4月15日(日)に中能登町商工会主催の
「第7回なかのと桜祭り」
町役場鹿島庁舎にて開催されました

地元のお店が沢山出店されていたテント市もこの賑わい!

IMG_3929_convert_20180417090033.jpg

毎年恒例となったまぐろ解体ショーも豪快に行われ、
解体された切り身は能登立国1300年を記念して
豪華パックが1300円として販売されていました

また鹿島庁舎2階では
「なかのと春色マーケット」が同時開催されており、
ハンドメイドのものを中心にかわいい小物がたくさん並んでいました

IMG_3932_convert_20180417085856.jpg

IMG_3936_convert_20180417090021.jpg

少し肌寒い1日でしたが園児たちのかわいい演技や
地元の方々の歌や踊りのパフォーマンスで
とっても賑やかな桜まつりでした

IMG_3938_convert_20180417085825.jpg


3月18日(日)に天日陰比咩神社で
「中能登町かわいいjinjya織プロジェクト
つるし雛・織イベント」

が行われました。

このイベントは中能登町在住の20代女性の発案によるもので、
当日は神社を盛り上げる様々な催しが行われました

中でも珍しいのは、神主様の衣装を着用して、
心構えなどを学べる神主体験

神主様より修祓(しゅばつ・お祓い)の仕方、立ち振る舞いや、祝詞、
太鼓の叩き方、榊の渡し方などを学び、参加者の方々で
修祓式を斎行されていました。

最後は、ご新酒「どぶろく」仕込体験も行って
中身の濃い体験となっていたようです

辟。鬘契convert_20180320165824

またイベント開始と同時に、神主・巫女衣装、織姫衣装に
身を包んだ参加者の皆さんと人力車も加わった道中行列が行われ、
いつもとは違った雰囲気の天日陰比咩神社に

IMG_5101_convert_20180320161347.jpg

そして主催者でもあるキルト愛好会の方々で作成された
つるし雛が境内の稲荷神社に装飾されて
まさに「かわいい神社(jinsya)」が完成されていました

IMG_5095_convert_20180320161409.jpg

IMG_5100_convert_20180320161439.jpg

こちらの装飾は3月末まで展示されているそうなので
ご興味ある方はぜひ天日陰比咩神社まで

IMG_5124_convert_20180320161456.jpg

1月25日(土)に金沢大学が主催する
「タウンミーティングin中能登町」
ラピア鹿島にて開催されました。

DSCF3061_convert_20180129164516.jpg

これは金沢大学が地域との対談を通して、
大学が地域に果たす役割を考える目的としたイベントで
2002年から毎年各地域で開かれているそうです。

今年の開催地の中能登町では「繊維がつむぐ、まち、ひと、しごと」
テーマに沿って下記の4組の方の事例報告がありました

◆『若い力で繊維のことを楽しく面白く』
◆『中能登トレジャートレイルランによる地域活性化』
◆『雨の宮古墳群や能登街道を活用した歴史観光』
◆『繊維技術を活用したファッションショー「切断ヴィーナスショー」』

DSCF3049_convert_20180129170118.jpg

DSCF3051_convert_20180129170138.jpg

普段知ることのできない、中能登町を盛り上げる
さまざまな活動のお話を伺うことができ、
貴重な時間を過ごすことができました

事例報告の後は、興味関心の持った分科会に分かれ、
更に意見を交換し合いしました。

繊維関係の分科会では地元の高校生から
繊維業関係の方、地元団体の方など約20名の方が集まり、
それぞれの意見や、考えを交換し合い
活気づいた時間となりました

DSCF3064_convert_20180129171535.jpg

DSCF3063_convert_20180129170438.jpg

中能登町にはたくさんの誇れる自然、技術、環境が
あることが再確認できる、大変有意義なタウンミーティングでした

この中能登町の魅力を、ラボでは「繊維」という形で
発信していければと思います

DSCF3077_convert_20180129170511.jpg