FC2ブログ

織姫のつぶやき
能登テキスタイルラボのホームページで紹介出来なかった情報や能登の魅力などを発信します。

中能登町繊維産業のルーツについて

今回は中能登町の繊維産業のルーツについてご紹介します!

中能登町は約二千年前、当時の天皇である崇神(すじん)天皇の皇女、
沼名木入比賣命(ぬなきいりひめのみこと)が、この地に滞在した際に、
機織りを教え広めたことが中能登の麻織物の始まりとされております

その麻織物の原料として使用されたのがこちらです
ちょま
こちらは、苧麻(ラミー)と言う植物です。
イラクサ科の多年草で、能登の原野に自生しており、
高さは1メートル以上に達する麻糸の原料となる植物です。

ちょまの繊維と糸
そしてこの苧麻を刈り取り、茎から表皮を取り出し天日乾燥させ
繊維化させたものです。
(右上部の小さな輪は繊維を撚って糸状にさせたもの)

この麻の織物は、江戸時代後期には、その上質さが認められ
「能登上布」の称号が付けられました
(中能登町商工会作成:「中能登町繊維のあゆみ」より)

このような能登上布を礎として、絹の織物業も始められ、
人絹(じんけん)へと転換されてゆき、現在のポリエステル織物、
ナイロン織物産地
へと変化し、繊維産地としての歴史をあゆんできました。

そして、これからも合繊織物製造のさらなる品質向上に
ラボもお手伝いできれば嬉しいです
  1. 2017/10/18(水) 14:49:51|
  2. その他
  

プロフィール

織姫

Author:織姫
能登テキスタイルラボ(能登繊維振興協会)のブログへようこそ!
ホームページで紹介出来なかった情報や能登の魅力などを発信します。
http://www.txlabo.gr.jp/

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる