織姫のつぶやき

能登テキスタイルラボのホームページで紹介出来なかった情報や能登の魅力などを発信します。

  • « 
  • 1 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

技術移転促進セミナーに行ってきました

2015.07.30 (Thu)

7/23に開催された「新製品等開発事例発表会」は、2講座を受講しました。

① 小松精練㈱ 中山武俊 氏による「新規熱可塑性炭素繊維複合材CABKOMAの社会実装について」
CABKOMAには、ストランドロッド、シート、トウチップの3種類があり、耐衝撃性、接着性、高賦形性、リサイクル性を生かした商品開発をすすめていると紹介がありました。

② 天池合繊㈱ 天池源寿 氏による「天女の羽衣を用いたオリジナル柄スカーフの開発」
天池社長の発表

超極細糸を用いた世界一軽く薄いファッションテキスタイルで有名な「天女の羽衣」は、生地販売は海外が多く、国内はスカーフの製品販売が伸びてきているとのこと。
グッドデザインやモノづくり日本大賞も受賞され、テレビ番組での放映も多く、知名度はアップしてきたが、ブランド化の推進には、継続した高い開発力が必要不可欠であると考えていると話されていました。また、スカーフでは石川県工業試験場繊維生活部の支援を受け、オールドコレクションや日本の伝統柄を参考にしたオリジナル柄の開発とプリントや加賀繍を施した商品開発も行っているとのことでした。控え目な口調ながら、素晴らしい開発力、販売実績、ブランド化の推進に敬服するばかりです。

7/24に開催された「研究・指導成果発表会」では、先端素材加工、染色加工、特殊編地に関する研究の3講座を受講しました。
① 次世代技術開発支援PJ室の奥村 航 氏による「連続・不連続繊維複合化による熱可塑性CFRPの研究開発」
② 繊維生活部の神谷 淳 氏による「ポリエステルオリゴマー除去剤の開発」
③ 繊維生活部の中島明哉 氏による「特殊編地によるむくみ予防サポータ部材の開発」

何れも興味深い内容で勉強になりました。
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

織姫

Author:織姫
能登テキスタイルラボ(能登繊維振興協会)のブログへようこそ!
ホームページで紹介出来なかった情報や能登の魅力などを発信します。
http://www.txlabo.gr.jp/

最新コメント

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム