織物分解設計セミナーを開催しました

地域繊維企業の企画提案力向上を図るため、「織物分解設計」ができる技術者の育成を目的として技術セミナーを開催しています。

10月10日、10月17日に基礎編を開催し、織物組織・織物分解・織り方図の作り方の基礎および、織物設計の基礎研修を行いました。

織物設計が初めての受講者は、タテ糸量計算、ヨコ糸量計算や目付け計算が難しい様子でした。

10月24日、10月31日には応用編を開催します。織物の変化組織、重ね組織等、組織全般についての座学と織物設計については基礎編より難しいものをさらに実習し、また織物設計技術に関して準備工程を含め広く座学研修していただく予定です。

検燃方法の説明
セミナー1

織物の加工収縮調べ
セミナー2
セミナー3

実体顕微鏡やCCDカメラ等の便利なツールを使わず、分解鏡のみで織物組織分解や密度を求める実習をしていただきましたが、上手く行かず手こずっている方が多いようでした。
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(0) | 2012/10/19 11:57