FC2ブログ

[Edit]

テクノブリッジセミナーin石川

12月12日(水)に石川県地場産業振興センターで
国立研究開発法人産業技術総合研究所主催の
「2018産総研 テクノブリッジセミナーin石川」
聴講しました。

講演内容は、
①モビリティ電動化をリードする材料技術
②創発的チームを生み出すデザインブレインマッピング
③産総研による水環境関連技術について
④製造技術の現状と将来展望、産総研での製造技術開発への取り組み
の4テーマでした。

主催者である産総研は国内最大規模の公的研究機関であり、
日々、様々な研究開発をしている中で、
今回は上記の4テーマを主にモノづくりの最新動向
ご紹介いただきました。

100名を超える参加者があり、
多くの方々が最先端技術を活用できることがあるのではないかと
参加されたのだろうと感じました

[Edit]

北陸ヤーンフェア2018

10月18日(木)石川県産業展示館1号館で開催されていた
「北陸ヤーンフェア2018」を視察してきました。

DSCN0650_convert_20181019114823.jpg

今年の北陸ヤーンフェアは
10月17日と10月18日の2日間に亘って開催され、
出展企業数は昨年度の22企業・団体から40企業・団体となり(18社増)、
合繊メーカー8社が揃って出展されていました。

大変広い会場で来場者がとても多く、
どのブースにも出展企業の方からの説明を受け、
熱心に見学する姿が数多く見受けられました
作業服姿の来場者も多く、身近な地元開催ならではの光景だと感じました。

地元でこのような糸を勉強する機会があることは、
繊維企業にとっては大変有難いことだと思います

北陸ヤーンフェア会場_convert_20181019104759

[Edit]

いしかわAI・IoT技術支援工房開所式

10月9日(火)石川県地場産業振興センターにて
「AI・IoT技術支援工房」開所記念セミナーを聴講してきました。

工房開所式看板_convert_20181010110949

13:00~16:00に新館コンベンションホールで開催され、
この日は二つの講演がありました。

まず、一つ目のテーマは、
「AI・IoTが経済・産業・社会・地方を変える」で、
東京大学 大学院 工学系研究科の森川博之教授の講演でした。
今後、ますますAI・IoT技術が進歩し、
社会が大きく発展していくのだろうと感じました。
しかし、技術者はまだまだ不足しているとの説明もあり、
高度な人材養成にはどうしても時間がかかるのだろうと思いました。

二つ目のテーマは、
「AI・IoT時代への対応 -Society5.0とコネクテッドインダストリーズ-」で、
経済産業省 商務情報政策課長 菊川人吾氏の講演でした。

二つの講演の後、
「いしかわAI・IoT技術支援工房の施設見学会」
開催され引き続き参加して参りました。

講演会会場_convert_20181010111001

定員が150名のところ、参加者はホールいっぱいで、
300名を超えていたように思います
現在、多くの企業や団体が注目し、話題性のあるテーマでしたので
関心ある方が多数参加されたのだろうと思います。

今回のセミナーに参加して、本協会の試験業務の現場にも
活用できることが幾つかあると改めて感じました

いしかわAI・IoT技術支援工房施設見学①_convert_20181010110939

[Edit]

技術交流会が開催されました

8月30日(木)13:30から、
石川県工業試験場および中能登町商工会の共催による
技術交流会が能登テキスタイル・ラボにおいて開催されました。

はじめに、石川県工業試験場 場長 塚田勝之様と
中能登町商工会 繊維業部会 部会長 左近清一様に
ご挨拶いただき、開会しました。

DSCN0507_convert_20180831084839.jpg

技術交流会の内容は話題提供として
まず、石川県工業試験場 繊維生活部の八十島 梨沙様から
「簡易な織物欠点解析方法について」と題して
分光法を用いた繊維構造解析法の開発についてご説明いだだきました。

DSCN0516_convert_20180831084904.jpg

次に、石川県工業試験場 電子情報部 主任研究員の林 克明様から
「人工知能(AI)とI o Tの有効活用」と題して、
繊維業関連の事例もご紹介いただきながら、
丁寧にご説明いただきました。

20名の方々にご参加いただき、質問や要望が幾つも出て、
大変有意義な交流会になりました

参加者の皆様、関係者の皆様、
お忙しい中、誠にありがとうございました。

[Edit]

第3回 スマートテキスタイル研究会

8月23日(木)に石川県工業試験場で
「スマートテキスタイル研究会」が開催されました。

第3回目となる今回は「圧電素材を用いたスマートテキスタイル」という
テーマでセミナーが行われました。
講師は、関西大学システム理工学部 電気子情報工学科教授の田實佳郎氏です。

スマートテキスタイルでは、ウェアラブル機器の開発が活発に行われており、
力を受けると電圧を発生させる有機圧電材料が、
この開発に如何に有効な素材であるかというご紹介、説明をいただきました。

IMG_4537_convert_20180828100105.jpg

受講者から熱心な質問が幾つも出て、
今後、需要拡大を期待させてくれるようなセミナーでした
ありがとうございました。


プロフィール

織姫

Author:織姫
能登テキスタイルラボ(能登繊維振興協会)のブログへようこそ!
ホームページで紹介出来なかった情報や能登の魅力などを発信します。
http://www.txlabo.gr.jp/

最新記事

最新コメント

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム